FC2ブログ

記事一覧

ひずみのない長持ちする家造りの為に。


今日のブログは読んで欲しいのだ🎵

倉靖工務店では、古民家の改修・リフォームのご依頼が多いです。

もちろん、新築の現場も。



今日ブログに書こうと思うのは、



今現在、多くの工務店さんでは

やらなくなってしまっていってる事。


今回は、それを紹介しようと思います。



現在、多くの工務店さんが

やらなくなってきている

昔は当たり前だったこと。


それは、建築に使う材木の下準備です。


じゃあ、その下準備とは?と言いますと、



仕入れた材木を乾燥させ、木をねじれさせ、そして、痩せさせる事です。


木は生き物。

そして、材木として加工されたもの(木)も、

もちろん生きています。


生き物なので、

無加工のまま建築に取り入れてしまうと、

経年変化による材木の痩せや、ねじれから、

家そのものの精度の低下・狂いに繋がります。


それは間違いなく、

何十年も住んでいく事となる住宅にとって、

非常にマイナスであると考えます。


ですので、我々 倉靖工務店では、自社で材木の加工場を設け、

自分たちの手で、

担当する現場に使用する材木の下処理・加工しています。


建築業界。昔はそれ↑が当たり前だったように思いますが、

今ではハウスメーカーの台頭や、

資金面での問題なのか。

そういった大事な要素に対しての投資をする工務店が減ってきている事で、

残念ながら当たり前が当たり前ではなくなってきています。



倉靖工務店では、

施工させて頂く現場の有無に関わらず、

半年程前から、先に材木を仕入れておいて、

わざと風雨にさらします。

それは、雨風にあてる事で、

材木が仕入れた時の状態からねじれていき、

日焼けをし、乾燥していく事で、

「もうこれ以上 木に動きが発生しない」であろう状態までもっていきます。


その期間およそ半年。

ただし、その木の種類・厚み・太さ・長さ・含水率で、

半年以上 風雨にさらし、寝かせる事もあります。


寝かせる期間の分別の仕方に関しては、

厚み・太さ・長さは目視でわかりますが、

含水率。つまり、その材木の含む水量(湿気具合)は、

目視ではわかりません。


じゃあどうするのかと言うと、




私自身で抱きかかえ、

長年の経験で培った

「この木の種類・厚み・太さ・長さだったら、これくらいの重さかな?」

という自分の中にある基準で判断。


それにより、どのくらいの期間を寝かせるかを決めます。


風雨にさらし、長期間寝かせた材木を使用する。


では、風雨にさらして乾燥させ、

日焼け・変色・ねじれのある材木をどのように加工をするのか。





自社の木材加工工場の壁面に、

そのまま立て掛ける形で管理。


これで、風雨にさらされ、ねじれなどを発生させます。





屋外で風雨に当てた後の木。

このように、経年変化で古びた感じがするかもしれまん。


しかし、表面ばかりを見てはいけません。

この状態から一手間二手間をかけてやることにより、

木材がさらに質の高いものに変身します。







この日焼けしてねじれた木を、

改めて角が直角になるように専用の機械にかけます。









その後、指定の厚みにすべく、

表面を削る、カンナ盤と呼ばれる機械と、超仕上げカンナ盤という機械にかけます。







そうすると、

↑このように、風雨にさらす前の新品の木材のように輝きを取り戻します。





加工工程はこのような感じです。

この一手間二手間を経る事で、

施主(お客様)さんに長く住んで頂ける、

歪み(ひずみ)・狂いといった不具合の少ない住宅を提供しています。


その証拠としまして、本当に光栄な事に、

これまで弊社で木工事を担当させて頂いたお仕事に関しては、

クレームを頂いた事はありません。
(2016年2月現在)









そういった

衣食住を安心して快適にする為の材木の加工・下準備を、

今ではあまりやらない所がほとんどですし、

ハウスメーカーに至ってはもってのほかで、まずやりません。







私が見習い時分に大工としての勉強をさせて頂いた、今は亡き親方。

私の知る限り、親方の仕事も一切クレームはありませんでした。


その親方の教えを守り、

材木の下準備には、

施工が決まってない時期からその為に木材を仕入れたりと、

お金と手間はかかりますが、

昔ながらな「木と家と住む人」を考えた手法で、

お客様に、安心・安全・快適な家を提供させて頂いています。




ですので、

「よそ(大手ハウスメーカーなど)の方が安くて、○○○円だったんだけど・・・。」

なんて言わないで下さいね f(^_^;)















================



倉靖工務店HP


弊社は、自社WEBページもございます。


倉靖工務店 公式WEBサイト

→ http://www.kurayasu.jp/






倉靖工務店facebook


Facebookページも用意。
コツコツ更新しております!

倉靖工務店 Builder Office Kurayasu - Facebookページ -

→ https://www.facebook.com/builder.office.kurayasu






インスタグラムアイコン


Instagram(インスタグラム)も併せてよろしくお願いします。
作業現場の様子や、日常の一コマなどを気ままに投稿しております。


→ https://instagram.com/okanoyukiyasu/






スポンサーサイト

コメント

美しいっ!

初めまして、岡山県在住の主婦です。
DIYにハマって廃材情報を得るために
web上をさまよった末、こちらに伺いました。
が、思いがけず、良い記事を目に出来ました♪

本当に木って奥が深いんですね。
かんながけした後の綺麗な木材に感激しました。

Re: 美しいっ!

コメント頂き有り難うございます(^^)
廃材もタイミングで差し上げる事も出来ますので
また、必用であれば相談してください(^_^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「倉靖工務店」代表 岡野幸靖

Author:「倉靖工務店」代表 岡野幸靖
ジーンズの町岡山県の児島に構える『倉靖工務店』代表 岡野幸靖のひとり言

伝統技術をベースに新しい技術を取り入れ、現在の気候『特に猛暑』に合った家造りを提案します。趣味はバイク、茶道、習字をやっています。
 限られた予算、限られたスペースでも一番ベストな答えで必ずお応えします。

カウンター

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-